ステンレス素材へのメッキ

ステンレス素材へのメッキ
ステンレス素材へのメッキ

ステンレス素材へのメッキ

ステンレス素材へのメッキを1個から受けてくれるところはなかなかありません。
ジュエリー、アクセサリーのステンレス素材へのメッキを受けるところはなかなかあまりありません。
しかも当社のメッキはジュエリー、アクセサリーには原則ニッケルを下地にメッキしません。
しかも密着もバッチリ、仕上りはその他の金属と同様のメッキが可能です。しかも厚メッキ可能!
ステンレス素材へのメッキを受けてくれるところは少ないと思います。
ステンレス素材へのメッキはロジウムメッキ、金メッキ、ピンクゴールドメッキ、プラックロジウムメッキ全ての色が可能です。
近年、ステンレス切出しのジュエリー、アクセサリーが流行、今後キャスト(鋳造)品のジュエリー、アクセサリーが注目されています。
ロットにも対応いたします。
価格は通常価格の300円プラスです。
※時計関係のメッキは行っておりません。
※IPメッキとは違います。当社は電気メッキでステンレス素材にメッキを1個からいたします。
ステンレス素材メッキ種類

ステンレス素材へのメッキ加工

★金メッキ

金メッキは24K、18K、14Kの三色のカラーをそろえております。
金はやらかい金属ですので厚メッキをお勧めいたします。

★ロジウムメッキ

ロジウムメッキは通称プラチナ仕上げ、シルバー仕上げと言われております。

ロジウムメッキ皮膜はとても硬いため、傷がつきにくくなるという利点もあます。
現在ホワイトゴールドやプラチナ製品はロジウムメッキを施しております。

★ブラックロジウムメッキ

ブラックロジウムメッキの色味はガンメタリック。 ルテニウムのような黒ではなく独自技術により独特の風合を実現しました。
また黒系のメッキは弱いと一般的に言われておりますが当社のブラックロジウムは独自技術によりロジウムより強度は強いです。
ブラックロジウムメッキ皮膜はとてもロジウムメッキより硬いため、傷がつきにくくなるという利点もあます。

★ピンクゴールドメッキ

近年、若者を中心に需要が高いピンクゴールドメッキ。金属感のあるピンクはとても人気です。
通常ピンクゴールドは皮膜が弱いとされています。当社はピンクゴールドの厚 メッキを得意とし、皮膜を強化しております。
ピンクゴールドのデメリットとして他の金属よりも酸化が早いのが欠点です。

部分メッキ・マスキング

人と違うメッキがしたい。
メッキをしたくないところにマスク液を施しメッキをする加工方法
例えばロジウムと金(地金)のツートンカラーを表現したい場合有効です。
何度もマスク・メッキを繰り替えせば複雑なデザインができます。
6回マスク・メッキを繰り返した。商品もございました。
複雑なマスキングも可能です。 マスク一ヶ所2000円~ 複雑な場合には数千円になる場合がございます。
ご自分でマスキングをされる方もいらっしゃいますので節約されたい方はご自分でマスク処理をしてお持ちください。
※マスキング剤の指定がございます。
ご自分でマスキングされた場合マスキングを剥がさずお返しいたします。

●厚み

通常メッキ0.05 μ~ 厚メッキ0.5μ~に対応いたします。メッキ種類によって若干異なります。
宝飾品のメッキはさまざまな形がありますので、熟練した匠の技術が必要となり、

溶剤、温度、電気全ての調整が必要とされますので当社をおまかせ下さい。
ご相談いただければ商品に対するベストなメッキをご提案いたします。

●ジュエリーアクセサリーメッキの安全性

当社メッキは原則ニッケルフリー
商品にによってはニッケルを下地にする場合がございます。
パターン2の場合や真鍮、合金等は下地をニッケルを使用する場合がございます。
(絶対にニッケルを使用しない場合は必ず指示書に明記をお願いします。指示書に明記がない場合はこちらの判断にお任せください。)

●納期

納期は商品到着後営業日で2日~6日、合金などの素材は時間がかかる場合がございます。ロットの場合はご相談いたします。

●サイズについて

現在アクセサリー以外のステンレスはお受けしておりません。(時計、特殊パーツなど)

ステンレス素材について

SUS304 SUS305 SUS316 サージカルステンレスSUS316L SUS317 SUS403 等は実績が有りますので可能です。
その他のステンレスはサンプルテストを行ってからのメッキ処理となります。
できるだけステンレスの種類をわかるようにお願いいたします。
SUS316Lでも国産品と海外品の粗悪なSUS316Lではメッキが密着しない場合がございます。
ステンレスの鋳造品は特に巣や磨き残しによるメッキのむらが出やすい商品ですのでご注意ください。

メッキ可能な宝石一覧  その他のデーターがあります。ここからPDF形式でご覧になれます。